*

交通事故の場合には、加害者と被害者がハッキリしていると、修理費用は加害者がほとんど負担する事が普通になります。しかし、いちゃもんをつけられる場合もありますので、すぐに警察を呼んで検証をしてもらうことが大切になります。中には悪知恵を働かせて示談へと上手く誘導する人もいますので、保険会社と警察には連絡をしておくことです。修理中の代車費用などもかかりますので、車が事故車になった事で生じる生活負担は、ある程度は見てもらえます。しかし、クルマが使えなかった事によって被った損失である、休車損に関しては、加害者が必ず負担してくれるとはなりませんので、その辺は注意が必要です。ちゃんとした保険会社であれば損害賠償を対応をしてくれますが、知識がない素人だということでかなり丸め込まれる場合もありますので、こちらも保険会社を使っていくことが必要です。

交通事故と損害賠償を考える

交通事故で怪我をすれば、それはすべて人身損害になります。自転車に乗っていてクルマが軽くぶつかったとしても、転倒してけがをした場合には人身損害です。軽いからといって加害者が軽く考えていると、トラブルになる可能性があるので注意が必要です。まず人身損害で賠償請求できることというのは、まずケガに対する治療費があります。病院へ行って検査をしてもらい、頭を打っている場合には精密検査なども必要になります。意識障害がおこっている場合には、なおさらしっかりと見てもらうことによって自分の状態が把握できますので、速やかに病院へ行って検査をすることです。そして、入院雑費なども費用として掛かります。入院することになった場合と、通院交通費というのは必ず請求することです。損害賠償ということは、すべて持たなくてはいけないので、交通事故は起こさないようにすることです。

交通事故時の損害賠償請求を乗り越えるための対策

交通事故を起こしてしまったときには、一億円を超える損害賠償請求をされてしまうことがあります。人身事故なら、一億円どころか二億円以上の賠償額を払わなければならないことも珍しくはありません。こうした巨額の賠償金は、一般の人はとうてい払うことはできません。人生を棒に振らないためには、各種保険に加入をしておくのがいいでしょう。強制保険といって、自賠責保険は誰もが加入をしているはずです。ただ、これは最高でも3000万円までしか保険金が支払われません。億を超える賠償を義務付けられてしまうと、残りの金額は自力で払わなければならないわけです。破産という意味では、3000万円を払ってもらったところで同じです。ですから、自動車を運転するのであれば、任意保険には入っておくのが賢い方法になります。任意保険の場合には、保険金の額に上限がないタイプがほとんどなので安心です。


2017年9月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし